映画「セッション」

e0158970_12423640.png

今日は久しぶりに映画のお話。
昨日は、映画の日だったので、何か面白い映画を観ようと思ってたけど
案の定寝てしまいました(笑)

で、今朝はお仕事が早く終わったので(←金曜日締め切りが昨日の時点で終わってた)
ちょっと罪悪感を感じつつも、iTunesで映画を買って
お友達おすすめの「セッション」を観ました。

ジャズも全くわからないし、リズム感はたぶん自分が持ってる感性の中で
一番ないものと思われる私ですが、
そんな私でも、引き込まれるように見入ってしまうほど
かっこよくて面白かったです。

J・K・シモンズさんがすごかった。
迫力が半端なくて、途中からだんだん蜷川幸雄さんに見えてきたりしたけど
※あと、知り合いの方にも似てたけど(笑)
最後の最後まで、この最高で最悪な名指揮者フレッチャーの
本当の本質を考えさせられました。

本当は優しいのか。
もしくは、本当に頭が狂ってるのか?
最高なのか最悪なのか?

ちょうど昨日、武井壮大人の学校をYouTubeで観て(ヨガクラスが始まるので、前半しか見れなかったけど)
何も考えずに練習すれば、とりあえずトップには立てる。
というような内容のことを話されていました(ざっくりとw)

なんか、その話とセッションの内容がシンクロしちゃいました。

武井壮の生い立ちもすごいけど…

この頃いろんなことがシンクロしてしまって、
私は、本当の苦労を知らない…ととある方に言われて、
自分では、死ぬ気で頑張っているつもりなんだけど、
確かに、武井壮や、ネイマン(マイルズ・テラー)ほど
努力や苦労を知らないのかもしれないな。と映画を見ながら思った…

最近映画を観る気持ちになれなかったけど、
そんな中、この映画を勧めてもらったことに感謝(・ω・)bグッ

また、少し頑張ろうと思いました。
by chao-room | 2015-12-02 13:05 | 日常

ファッション、インテリア、猫etc...私の好きなものの話


by chao
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る