親友

e0158970_10412467.jpg

私には二十年来の親友がいる。
同じヨガ教室に通い、同じ英会話に通い、同じエステに通い、しょっちゅう二人でご飯を食べにいく。
でもね、性格、見た目(背の高さは凸凹)、全く逆なの。
でもとっても良いの。居心地が。

居心地がいいなぁ〜って人に最近よく出会う。
自分が自然体でいさせてもらえる。そんな人!?
自分が強くなくても良い状態でいさせてくれる人?

年下だろうが、年上だろうが、女子だろうが、男子だろうが、
Chao Yogaの生徒さんだろうが、私が気張らなくても受け入れてくれる人。

育って来た環境って、本当に自分のモノの考え方や見方を大きく左右するよね。
だから、育って来た環境が違う人とは、その人に馴染もうと努力してもやっぱりいつか無理がくるんだな。って思う。
家族に対する接し方がやっぱり自分と同じ人が良いなぁ。と思う。
そのまた家族が自分に接する態度も私の家族が私にしてくれるような暖かい関係が良いと思う。

私にとっての家族って、とっても暖かいもので、
いつまでたっても娘でいられて、ずっと甘えさせてくれて。
肩肘を張らなくても良くて。

でも、いつからか、親に弱いところを見せられなくなってしまった。私。
親だけじゃなくて、お兄ちゃんにも。もしかしたら、他のみんなにもかも(親友以外)
昔は甘えん坊だったはずなのに。

けど、最近は元の自分に戻ってるような気がする。
子供返り?w
実家に帰ると涙が出そうなほど居心地が良いし、
パパに対する気持ちも、子供の頃に戻った気がする。

叔父が亡くなったのがきっかけなのかもしれない………

人が亡くなるとき、必ず自分にとっての最大の教えを残してくれる。
叔父からのメッセージは『私にパパを大切にしなさい。』と言う事だったのかもしれない‥

先日いつものように、親友と語り合って、
最近気がついた事を話した。

そしたら、親が娘を見守るような笑顔で、私を包み込み、
『やっと気がついたんだね。』と言う彼女。

『なんで、もっと早く教えてくれなかったの?』って聞くと、
『自分で気がつかないと分からない事ってあるでしょ。
今ちゃおが気がついたって事は、決して遅くはないんだよ。』っと教えてくれた。

私は、彼女がいてくれたから、
私の人生は私一人で歩く以上に彩りを与えてくれているに違いない。
彼女がいなかったら、謳歌できてない人生だった気もする。
灰色で、我慢ばかりしてたかもしれない。

彼女は私のママ代わりなのかもしれない。

そんな親友がいる事に感謝♥(╹◡╹)♥
わたしも、彼女に同じ感覚を与えられてるだろうか?

と、ふとセンチメンタルに思ったのでした。

そんな彼女と明日は一日デート♥

楽しみで仕方ないので、今日は一日しっかりお仕事中です♥(╹◡╹)♥
by chao-room | 2010-06-03 10:56 | 日常

ファッション、インテリア、猫etc...私の好きなものの話


by chao
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る